気になるシミは皮膚科で治療しよう|施術の内容を解説

判断と治療は専門医へ

ナース

種類で異なる性質

顔や手などにできるシミは、美肌や若々しさには大敵でもありますから、シミでお困りの場合は、皮膚科も揃う美容整形クリニックなどで相談してみましょう。素人目には全部一緒に見えるシミも、実は沢山の種類があり、それぞれに適したケアをしなければ効果が出にくいといった特徴を持っています。シミの中でもとりわけ多いのが、老人性の色素斑です。このシミは、日光などの紫外線を浴びることで生じます。主に顔のコメカミや、頬骨の頭頂部に発生しやすく、いつの間にか丸く広がるようにできてしまうのが特徴です。ソバカスは老人性色素斑とは異なり、遺伝的な要因も強くなっています。早ければ幼稚園を卒業したあたりからでも現れ出すのが特徴で、不揃いの小さな点がまばらに発生します。加齢によって数が多くなるほか、日焼けで色が深まるケースも見られるのが特色です。肝斑は、おでこや頬骨などに多く見られ、30代から40代あたりの女性に生じやすいシミになっています。しかしながら閉経後に直ることもあり、女性ホルモンとの因果関係が示唆されているのも特徴です。そして、太田母斑はほかのシミと違い、肌の奥にある真皮層に生じるのが大きな特性で、色も一般的な褐色系とは異なり、青み掛かっています。そのためアザの1つとも認識されますが、目の下側にできた場合は、クマと誤認することが多いのも特徴です。頬などの両側にできた際は遅発性両側性太田母斑と呼ばれますが、セルフケアでは改善できませんから、治すには肌の深部まで届くレーザー治療を皮膚科で受ける必要があります。そのほか脂漏性角化症は、平坦ではなくイボのように隆起するのが特質です。これも美白コスメでは対処できませんので、皮膚科で適切な治療を受けなければ改善は見込めません。皮膚科なら炭酸ガスレーザーなどの医療機器を使って治療するため、効果的に解消へと導いてくれます。これ以外にもシミにはまだまだ数多くの種類がありますから、自己判断の誤ったケアで症状を進行させないためにも、先ずは皮膚科や美容整形クリニックなどで診てもらいましょう。

Back to Top