気になるシミは皮膚科で治療しよう|施術の内容を解説

肌の状態を診てもらおう

カウンセリング

原因を探ることが大切

シミは紫外線にあたり過ぎてしまったり、年齢を重ねたりすることでできやすくなります。人によっては歳を取ったことの証として、仕方がないと諦めてしまうこともあるかもしれません。しかし、必ずしも老化現象だけが原因とは言えないため、専門科で診てもらいましょう。まず、訪れるところは皮膚科です。皮膚科では肌の状態もしっかり診てくれるので、シミ以外の肌荒れなども治療してもらえます。何となく肌の調子が悪いという人なども皮膚科で診てもらいましょう。また、シミが急激に増えてしまった場合、何らかの病気が隠されていることも少なくありません。例えば、免疫力が低下したことによって増えてしまうこともあります。それから、自身ではシミだと決めつけていたものがイボだったということもあるので、この点もきちんと見極めてもらいましょう。特に、盛り上がっているようなタイプは区別がつきにくいことがあります。イボの可能性もあれば、ほくろの可能性も否定できません。当然、ものによって治療法も異なります。イボにしてもホクロにしても、除去したいのなら皮膚科ではなく美容外科での美容整形がお勧めです。この点のアドバイスも受けられるところが、皮膚科受診のメリットでもあります。それから、シミは治療することができます。皮膚科での治療は美容外科での美容整形とは違うため、圧倒的に薬物治療になります。シミに効きやすいビタミンなどを摂取することが一般的です。もちろん、自身でも食生活の乱れを改善したり、規則正しい生活を試みたりというような指導をされることもあります。何よりもシミの元となる紫外線対策が必要です。これは自身でも行うことができます。肌の白い人は紫外線を吸収しやすいことから、徹底的に紫外線対策を行いましょう。また、遺伝的要素や体質的な問題でシミができやすい人も居ます。この点も皮膚科で調べてもらいましょう。薬物治療を始めると、以前よりはシミができにくくなったり、シミをこれ以上、濃くさせなかったりすることも可能です。もちろん、実績のある皮膚科受診がお勧めです。

Back to Top