気になるシミは皮膚科で治療しよう|施術の内容を解説

判断と治療は専門医へ

ナース

それぞれの種類にあったケアをしなければ、改善を見込めないのがシミの大きな特徴です。外見上は似ていても特性や治療方法が違いますから、治したい場合は自己判断で対処せず、皮膚科や美容整形クリニックなどの専門医に診てもらいましょう。

Read More

市販品では改善しない悩み

看護師

市販のシミ対策商品では消せない頑固なシミは、美容皮膚科での治療が効果的です。レーザー治療など専門医による最適な治療が受けられます。その反面、費用は高額になる可能性もあり、自分に合った皮膚科を賢く選択することが重要です。

Read More

様々な治療法

ウーマン

原因に対応した治療

シミが顔に出来ると、それだけでどこか老けた印象を与えてしまいます。シミ専用の美容液なども多くの種類が販売されていますが、長期間続けないと、なかなか結果が現れないことや、中には全く効果のないものも多いようです。効果な美容液を買っても効果がなくて、自分のお肌に合わないようでは全く意味がありません。そんな人でも皮膚科を利用すれば、納得のいく結果が得られるかも知れません。やはり皮膚科にはお肌の専門医がいるので、確実に一人一人のシミの原因を突き止め、一番適した方法を提案してくれるでしょう。自己判断で間違った治療をするよりも、確実で安心です。その点が、皮膚科での治療の人気がある点と言えるでしょう。皮膚科でのシミ治療で人気なのが、レーザーによるものです。レーザーは自宅では行うことが出来ないので、専門医に施術をしてもらう必要があります。シミにも種類があり、それに適した治療法があります。まずは一般的なシミである老人性色素斑に有効的なものですが、スイッチレーザーです。一方30代、40代の女性に多く見られる肝斑というものですが、あまりレーザー治療は向かないとされています。もしもレーザー治療をするのなら、弱い出力でレーザーを照射するレーザートーニングとされるものがオススメなようです。また肝斑の治療として、トラネキサム酸という内服薬を処方されることが多いようです。この他にもシミに処方されるものとして、外用薬があります。強力な漂白作用をもったハイドロキノンなどがあります。個人輸入などをしても購入可能ですが、濃度が高いものだと肌の色がまだらになってしまう副作用があります。やはり専門医に処方してもらうのが、安心安全と言えるでしょう。またトレチノインという外用薬も、処方してもらうことが可能です。この薬は肌のターンオーバーを促進し、シミを薄くしていくものです。人によっては赤みが強く出てしまうことや、皮膚の皮がめくれてしまう場合があるので、やはり専門医に処方してもらうことが良いでしょう。また内服薬として、アスコルビン酸といういわゆるビタミンCを処方してもらうこともできます。

女性の美容について知る

美容整形

シミの治療を皮膚科に通院していても、新たなシミが出来てしまっては治療が長引いてしまいます。なので、治療中でもシミ予防の対策は必要です。特に紫外線は肌に影響があるので、外出時には日焼け止めを塗り、上からファンデーションを塗るといいでしょう。

Read More

肌の状態を診てもらおう

カウンセリング

シミができてしまったら、皮膚科を受診してみましょう。原因を探ったり、体質などを調べてもらったりすることができます。その原因に合わせて治療をすることも可能です。また、皮膚科では一般的に薬物療法となります。

Read More

自費診療と保険治療の違い

鏡を見る人

加齢や紫外線で沈着したシミをレーザーやフォトフェイシャルなどで消す場合、美容皮膚科に行くのが一般的です。しかし、アザややけど跡などシミの種類や治療法によっては、一般皮膚科の保険治療で消せる場合もあります。

Read More

Back to Top